FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラと交響曲

 クラシックの世界ではよく管弦楽曲は聴くがオペラは嫌い、あるいはその逆のパターンが多いと言います。ちなみに私は前者です。
 また作曲家でも両方で傑作を残したのはモーツァルトだけとも言われます。確かにベートーヴェンは偉大な交響曲を作曲しましたが、オペラはフィデリオだけ、逆にヴェルディ、ロッシーニ、プッチーニ、ワーグナーなどは交響曲は(多分)ありません。(もちろんオペラの序曲、前奏曲は管弦楽の名曲ですが…)
 私はなぜオペラを聞かないか…と言っても時にはカルメンとか時々はホールへ足を運びますが、オペラのCDを交響曲のように繰り返し聞く気にはなりません。ひとつはなぜそのシーンでデカイ声で叫ばなければならないかという素朴な拒絶反応です。この点ではミュージカルも同じです。次にオペラは殆どが悲劇です。映画でもハッピーエンドが好き、歴史のヒーローでも非業の死を遂げた人はあまり好きではないという私の性格から来ています。
 でも作曲家まで含めて分析?すると、やはり右脳、左脳の問題ではないかとも思います。楽器音は左脳、歌声は右脳で感じるから、得手不得手というか作りたいものに偏りが出るのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。