FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室と古典

 日本の皇室に対して世界が敬意を持っていることに、今回のご出産報道を見て改めて感じました。首相や政治家がどうこうても話題にもなりません。
 浮世から離れた祭司的な泰然自若とした存在であり続けたことが、永く続いている要因だと言われています。時々政争の舞台に出る天皇もいましたが、非業の結を迎えます。
 天皇と上皇、社長と会長、将軍と大御所というのが、日本的な運営方法です。
 伝統と言えば、雅楽、能狂言、歌舞伎、時代とともに新たに生まれた芸能は次第に古典となります。滅多に目にしなくても何やら古式ゆかしい落ち着きを感じます。歳なのでしょうか。
 演歌やフォークもいずれ古典となるのか、ノスタルジーとしてその世代の人々とともに消え行くのか、私には解りません。
スポンサーサイト
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。