FC2ブログ

殺人多発について

 素人の推論ですが…
 昨今毎日のように起きる殺人事件は、余程の異常性がない限り、一昔前ならば10大ニュースになるようなものまで、一週間も経つとどれがどれだか解からない程です。若者に限らず、老いも若きも不特定の人間から家族まで命を危めます。
 この現象は、その世代の方には失礼ですが、団塊の世代とその子供たちでピークを作っているとのデータもあります。つまり競争相手が多い世代は生き抜く為に、知らずに攻撃的な気質を身につけるというのです。人の性格は千差万別で標準偏差の分布のように、この世代は…等と片付けるのは無謀です。ただこの理屈は利己的遺伝子からも説明は付きますし、だからと言って人を殺しても良いと言うつもりもありません。
 また大人でさえカルト的なもの、占い、心霊現象等に影響されてしまうのですから、子供のころから毎日暴力的な映像を見て育った若者が暴力的になるのも当然の成り行きです。特にゲームは現実よりもリアルな映像で、ゲームの中で自分が暴力を揮え、またたとえ暴力を揮われて自分のキャラクターが死んでゲームオーバーになっても痛くも痒くもありません。これでは殺人の実地訓練をしているのと同じです。教育や躾をちゃんとやれば現実と虚構との区別は付く、ゲーム=殺人はナンセンスだという意見は間違っていると思います。ゲームをやることは目や耳等5感を総動員した圧倒的な教育になっているのです。親や教師の説教とは比べ物になりません。
 更にゲームをやらない老人、中年までちょっとしたことで殺人に走ります。これは連日の殺人報道での慣れが原因の一つだと思います。人間の抑止力なんてこんなあやふやなものなんです。時代劇の世界とは違い、江戸時代には殺人や泥棒さえ少なかったと言われています。
 一度、慣れ経験してしまうと、理屈では解かっていても後戻りは出来ない。人間の性で種の崩壊へと進んでいるように思えます。
スポンサーサイト



プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR