FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓器移植法

 今回の改正は世界標準かもしれませんが、脳死=人の死としたのは、人の死とはという根源的な追求の結果ではなく、移植出来るうちに移植したいという立場での定義としか思えてなりません。
 人類の進歩は言わばやりたい側の理論の下で形成されて来ました。しかし今後判断する成人のドナーが当たり前のようになっていない現状で、15歳未満に法的に可能にしても、移植率は大きくは変わらないと思えます。
 そのことで、同意しないのは非国民のような世論誘導が起きかねないと危惧します。
 15歳というもおかしい気がします。誰でも自分を思えば、小学生の時だってちゃんと考えていたと思うのではないでしょうか。
 また、本人の意思がない場合は家族の判断といけれど、では残された家族の多数決でも求めるつもりなのでしょうか?それとも血縁が近い順に優先順位があるのでょうか?
 突然判断を迫られる家族にとっては、大多数が過酷な選択でしょう。本人の意思表示と同時に家族もそれを尊重するしないを決めておく必要があるように思えます。
少なくてもドナーとなるかならないかを自由に選択出来る権利を守るような法律にして貰いたいと希望します。
 遺伝子技術の進歩で、他人からの臓器移植は多分、近い将来(と言っても私の生きているうちではないかも知れませんが)はなくなり、前近代的な史実となるのでしょうが。
スポンサーサイト
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。