スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

益川さん

 ノーベル賞を日本人四名が受賞したのは、日本の最後の一花だったかとも思いましたが、素直に気持ちよいものでした。
 益川さんは特にその口調で人気者になりましたが、話の内容は科学者らしい合理性に裏打ちされたもので、それが清く感じれました。私の愛敬する「花神」の中の村田蔵六の「夏とは暑いものです」という挨拶に相通じるところがあります。
スポンサーサイト

最期の時

 ニュースや新聞でいくつかの死亡事故を見聞きし、人の最期はどのように訪れるか判らないものだと改めて感じました。それは、有名人も普通の人も、徳のある人も悪人も区別がないようです。
 マラソンは人生に似ていると言われますが、決定的に違うのはゴールがどこか解っているかという点です。この差は大きいというか、全然違うと思います。
 大河ドラマ篤姫が最終回を迎えました。毎回筋の通った生き方を見せて貰い、取り合えず明日からの一週間もという元気を貰いました。最期のシーンも、針仕事をしながらうたた寝のように逝き、ああこんな死に方をしたいなぁと感じられた方も多かった思います。

負の連鎖

 地球温暖化、石油高騰・穀物高騰によるエネルギー・食糧危機、年金問題、金融危機、急激な景気後退と雇用不安…実際そうなのだろうが、毎日、テレビで連呼される増幅効果もバカに出来ないと思います。こんな時にお金を使うのが後ろめたく、罪悪感すら少し感じてしまいます。
 殺人ニュースが殺人を生むのも同様です。戦争への道もこうした効果、洗脳によってもたらされる危険が言われますが、どうにかならないものかと思います。見たい人がいるから報道しているというのかもしれません。自分の方がまだマシだと思いたい人間の心理がそれらを見たがっているのか、見ないと置き去りにされる不安から見ようとするのか。
 正の連鎖はすぐ終わり、負の連鎖は加速するものなのでょうか。
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。