スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金・健保・ねずみ講・ギャンブル…

 気がつけば年頭の抱負も書かずに、今年初の書き込みとなってしまいました。
 世は年金問題に揺れ、後期高齢者健康保険の天引きに喧々諤々となっております。
 全くの素人考えですが、これらの治世・福祉の問題は、以下の二つの浮世の構図に告示していると思います。
 まず、ねずみ講。
 加入者がねずみ算式に増える、右肩上がりの時は配当がある、つまり納めた額より多く受け取れます。この方程式に陰りが見えるとやがて破綻します。
 次にギャンブル。
 競馬等の賭け事は、JRA等の運営に寺銭はつきものです。それを差し引いた残りの掛け金を、当たった人に分売します。つまり掛け金>配当の図式ですら、単純平均では掛けた人は損する以外にないことになります。
 年金も健康保険も、この二つの要素を持ってます。つまり右肩下がりの社会になっていること、そしてお役所という大きな寺銭の消費者がいるということ。何だかんだ言っても、それは胴元の理屈であって、騙されて泣くのは庶民の常ということなのだろうと思います。
 学校の歴史の授業で、昔は年貢の取立てが厳しく大変だ、今は民主主義で良かったなどど思っていましたが、実は何も変わっていなかったのですね。。。
スポンサーサイト
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。