FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の出来事と遺伝子2

 鳥のヒナは餌を奪い合い、弱者は巣から蹴落とされます。それを見ている親鳥はいじめた子を叱ったり、弱った子を助けたりはしません。強い者を残す方が、遺伝子を残せるから。これは第一理論です。
 助け合いは、集団生活の中で遺伝子が最も効率的に繁栄する為に用意されたルール(第二理論)です。特に好戦的に繁殖域を拡大した人間にとって諸刃の刃とならない為に組み込まれたプログラムです。善悪道徳、善を尊ぶ、美しいと思うのは、プログラムによる幻想ではないでしょうか。
 だから殺人やいじめを肯定するというのではありません。人間は遺伝子のプログラムに操られている存在に過ぎないという自覚を持つべきです。性善説とか性悪説で片付けられるものではないということだと思います。
 人類の歴史を見れば、武器や科学、文明は変わっても、同じ行為を繰り返しています。四大文明の時代、貴族・武士の時代の人々より、我々が勝っているとは到底言えません。多分劣ってもいないでしょう。その意味では、全く進化していないのです。人間の限界がそこに見えます。
 そんなことはない、人間は変われるんだ!と、いつの時代の人も思った…これも明るい未来への幻想で、増殖を繰り返すように仕組まれていたのだということになると、やはり実もふたもないことになってまいますが、多分事実です。
スポンサーサイト

世の出来事と遺伝子1

 殺人、イジメ、無責任(談合・ヤラセ・インサイダー)は、なぜ多発するのか様々な原因が語られています。遺伝子教の私としては、これも利己的遺伝子の観点から考えてみたいと思います。
 遺伝子的には2つの仮説が考えられます。まず、様々な化学物質の影響で遺伝子が傷つく、あるいは変性して、そのプログラムに異常をきたしたというものです。そしてもう一つは、現在の環境・生存条件の中で、遺伝子が増殖し繁栄する為の想定の範囲内の行動、仕組まれたプログラムであるという説です。
 仮に前者であれば、遺伝子はそこで滅亡するようなヤワな物ではない。地球の大変動の中で数十億年の進化して来た海千山千の存在です。人類型の乗り物は遺伝子から見捨てられて滅びる運命を辿るでしょう。地球の歴史の中で、その時代の進化の最先端の生物は滅んでいると聞いたことがあります。
 後者の場合、なぜ悪行と言われる行為が遺伝子に好都合なのか?という疑問が生じます。

何も解らず平然と…

 ニュートンの万有引力の法則は、今では大よその現象を説明出来る程度とされているようです。アインシュタインの相対性理論ですら、もしかすると破綻するかもしれないと言われています。買うには至ってませんが「世の中99%は仮説」とかいう新書本が書店で目に留まりました。ある現象を一応もっともらしく説明しているが、実は多くは仮説でしかないそうです。
 自分ではパソコンや携帯がなぜ動くのか解らない、ましてやその部品、素材のシリコンやプラスチックの作り方など皆目見当もつかないのに生活しているのです。一から作る完全な自給自足をしろと言われたら、素っ裸で生活するしかありません。
 プラスチック製造工場の社員も、工程の一部分、自分の職務の部分が解っているだけ、それすら根源的に掘り下げれば一から十までは解っている訳ではないと思います。でもみんな車を運転すること、車が動くことに、疑問を抱くこともなく、当たり前のことだと思っています。
 高度成長期には、会社の歯車の一つにはなるな…とかいう風潮がありましたが、科学が進歩すればするほど一人の人間の職務は細かな部分に過ぎなくなり、歯車ならまだしもマクロいやナノ以下、分子や電子レベルになってしまっているのに気付いていないだけだと思います。

荒ぶる地球

 日本でこれほどの竜巻の被害が出るとは思いませんでした。先日は大型台風並みの風雨が24時間以上続きました。昨年だったか「荒ぶる地球」のシリーズを放送していました。地球の大異変は恐竜の絶滅をもたらしたとされる隕石の大衝突だけではなく、生物の進化は、地球自体の容赦のない変動に左右されたというお話でした。
 昨今、毎年のように各地で起きる自然災害を大変動と結びつけるのは早計と学者は言います。そうかも知れませんし、そうでないかも知れません。明日の台風の進路も外れる気象学が、地球温暖化のシュミレーションをしても「ホンマかいな?」と思う方がまともでしょう。
  これも仮説でしょうが、宇宙の始まりのビックバンは些細な揺らぎによって起きたそうです。映画「ザ・デイ・アフタ・トモロゥ」はあまりにも急激過ぎるかも知れませんが、私のクシャミが発端となり、無限の連鎖によって、気象の大変動をもたらすのかも知れませんね。

教育基本法

 人のことは言えないが…。
 それにしても、特定の学校ではなく全国的に未だにいじめ自殺が続いていたことその対応のお粗末さ、芋づる式の未就学科目発覚には驚き、呆れてしまいました。
 教育基本法ではなく、教育者取締法、学生保護法を作った方が良いと思えました。愛国心を植えつければ問題が解決するというのは、お上の理論で本末転倒だと誰でも感じているでしょう。
 しかも教育基本法を作るお偉いオヤジ達は、汚職で辞職逮捕では、子供達に「教育基本法、ナニそれ?アホらしい」と思われてしまっても仕方ありませんよね。
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。