FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室と古典

 日本の皇室に対して世界が敬意を持っていることに、今回のご出産報道を見て改めて感じました。首相や政治家がどうこうても話題にもなりません。
 浮世から離れた祭司的な泰然自若とした存在であり続けたことが、永く続いている要因だと言われています。時々政争の舞台に出る天皇もいましたが、非業の結を迎えます。
 天皇と上皇、社長と会長、将軍と大御所というのが、日本的な運営方法です。
 伝統と言えば、雅楽、能狂言、歌舞伎、時代とともに新たに生まれた芸能は次第に古典となります。滅多に目にしなくても何やら古式ゆかしい落ち着きを感じます。歳なのでしょうか。
 演歌やフォークもいずれ古典となるのか、ノスタルジーとしてその世代の人々とともに消え行くのか、私には解りません。
スポンサーサイト

自民党総裁選

 武士は恥を知ると言いますが、政治家は恥を知らぬ人種だと思います。セクハラ暴露されたら、どこか見知らぬ所に逃げ隠れたいと思うのが普通ですが、またぞろ出て来て国を語るアホらしさ。一方では、片が付いた総裁選の茶番劇を延々と続ける面々。
 恥を知らず、世の裏側を見せる人達に、教育だの愛国だの美しい日本などど言われれば、シラケて歪んでしまいます。世の乱れの元凶の一端、いや道筋をつけているのは自分達だと気づかない無神経さにあきれ返ってしまう次第です。
 痴態を見せる面々が作った憲法を尊ぶ人がいるでしょうか。生まれる前からそこにある憲法の方が尊く、重く感じるのは私だけでしょうか。ああ…。

聖人と天才

 平和主義者、聖人と呼ばれる方々は彗星のごとく現れ、人々に感動を与え、尊ばれ歴史に名を刻みますが、彼らが説いた世界には未だになる気配すらありません。
 それはスポーツのスーパースターと合い通じるものがあるような気がします。100m9秒台、フルマラソンを2時間ちょっとで走る選手に感動し、いくら努力しても大方の人はその域には到底到達出来ません。肉体と精神は違うというかもしれませんが、私は同じことだと思います。
 相対的に標準から外れた少数派、天才と馬鹿は紙一重と良く言いましたが、そこには紙も壁も境界もなく、単に大多数の標準から見た価値観で区分けされただけなのではないでしょうか。
 そして、恒久的に平和な世界を人類は築けないでしょう。またしても身も蓋もないお話になましたが、幻想を抱いて何千年、歴史は繰り返されているのです。戦後と言いますが、今が戦争のない世界であるかのような幻想を抱かせる言葉は使わない方が良いのかも知れません。
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。