スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実存主義

 私の高校、大学時代の思想のバックボーンは、実存主義でした。あくまでうわべをかじっただけですが…。サルトルの「実存は本質に先立つ」、ハサミは目的(本質)が最初にがあって作られるが、人間は生まれ存在する(実存)ことが先で、本質は自分で見つけ出すものという主体性の哲学に心惹かれました。
 しかし、社会人になり結婚してから知った利己的遺伝子の理論。哲学ではなく動物行動学の新事実。それは人間は遺伝子の乗り物、つまり車と同じ存在で、遺伝子に与えられた本質があって生まれたものであることが判明したことは衝撃でした。
 但し、遺伝子はなぜ本質として自己複製を作ろうとするのか、それ自体何の意味があるのか、謎は残っています。それは乗り物だから解らないのでしょうか。宇宙の中にいては宇宙の外側の世界が理解出来ないのと同じなのか…難解です。
スポンサーサイト
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。