スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金メダル悲喜こもごも

 野村、谷(旧姓田村)が勝ち、失礼だがこういう時しか柔道を見ない者には名前が思い出せない伏兵がメダルを獲得。しかし大本命の井上はまさかの敗退となっててしまいました。サッカーも前景気だけでした。
 オリンピックで勝つには?出ていないヘボがいうのも何ですが…
1.昇り調子で五輪日程がドンピシャリ、しかも期待のプレッシャーがない。
2.我がまま、メダリストとなっても人格者たろうなどど露とも思わない。
3.アドレナリンの制御が利かない。一歩間違うと犯罪者にもなりうる。
 推測、憶測だが、井上選手は、前回100kgでメダルを取りやはり100kg超級に出たかったが叶いませんでした。この時点で危うい。またあの若さで人格者の風体になり過ぎのような気もします。まだ20代です。あの顔つきは尋常ではありません。アドレナリンも今回は少なそうです。悟りを開いた人のようです。
 好き嫌いは別にして北島のように野獣を感じるようでなくては期待の中でメダルは取れないのでしょう。
スポンサーサイト

女子マラソン予想

 確か4年前も予想したような気がします。以下は全く無責任な個人的予想です。そんなもの一応公の場に掲示するなというご意見もあるでしょうが、多めに見て下さい。そもそも野次馬であれ何であれ、誰も注目しなかったら=価値観を認めなければ、五輪は設立しないでしょうから。
 前置きはこの辺にして、日本の女子3名の中で一押しは坂本選手です。勝負には時の勢いが必須。上り坂の彼女はレース毎に強くなっています。つまり大阪以上が望めるのです。ストイックに取材を断って集中している点もOK。失敗しても次があるという気楽さも加味すれば「金」もあります。
 下馬評の高い土佐選手は、選考会がピークだった感がします。サバイバルに強いということですが、私には名古屋で世界のトップとは言えない相手に途中離されたという事実の方が気になります。今でも高橋の方が選ばれるべきだったと思っています。
 最後に実力者の野口選手、三人の中では今年の青梅でちらっと見ましたが、速かった(当たり前です)。相当なところは行くでしょう。ハングリーさもあるので、どこまで日本人トップの注目度を跳ね返せるかということころです。
 外国勢ではダントツのラドクリフですが、過去混合レースでの記録保持者は勝負のレースでは勝てないのが通例です。しかし彼女には常識を覆す圧倒的な実力差があります。でも「金」はないような気がするんだけどなあ。
 自分のペースで飛ばして、他の選手が自重すればあっさりもありますが、付かれた場合はもろいかも。ただ付く方も共倒れの可能性があり、そこに伏兵の予知が生じます。そんな名前初めて聞く…なんてことも十分ありです。
 総括して日本勢はメダルは1個はまず取れる、2個取るより金を取るのは難しい、金を取るなら坂本選手といったところです。
 男子は先頭集団に入らず、後ろから拾って行く消極先方をとれば入賞は出来るでしょう。先頭集団に無理に付くと女子選手より遅いタイムも覚悟しなくてはなりません。
 最後に、ああ高橋がいればという、タラレバ見出しにならないことを祈ります。

アテネオリンピック開幕

 いよいよ今晩開幕です。競技が日本時間の夜半なので睡眠不足になりそうです。聖火や日本選手団の入場行進より、いつもなぜかオリンピック旗の入場とオリンピック賛歌に泣けてきます。やはり音というのはダイレクトに神経(心)に伝わるからでしょうか。
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。