スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬のブレッツェル

 今年一年、芋汁の椀の具は「ぼやき」が多かったように思います。相変わらず進歩のない論調だったとも言えます。
 来年は、どう考えても世の中は更に陰鬱になるように思えます。日本経済は既に瀕死状態で破産宣告しかない様相です。これは単に日本経済だけの問題というより、地球というマスの限界によって資本主義も限界に来ているのかも知れません。 方や戦争好きのブッシュはイラクは春を待たずに、そして北朝鮮にも侵攻することが予想されます。しかし力には力の意趣返しがある=大規模なテロも懸念され、混沌の時代に突入しそうです。
 ところでうちでも「パ○ ブッシュ」と読んでいる御仁について、ブレッツェル事件というものがありましたが、かく言う私も年末にブレッツェルで塩分を撮り過ぎて「ゲロ」してしまいました。笑えない身の上になってしまいました。
スポンサーサイト

持久戦

 北とのこう着状態が続いています。言い方は悪いかも知れませんが、兵糧攻めの様相です。日本は、秀吉の小田原攻めのように余裕があるみたいですが、北が冬を越すのと同じように、日本経済が破綻し自分の兵糧もなくなる事態の方が早いかも知れません。
 実は北もそれを狙っていたりして…。

意地

 賊には賊の意地がある…と著名人が言ったら多少問題視されるでしょうが、あれだけ報道や政府関係者まで割って集って「北朝鮮は冬の援助がないと立ち行かない。こちらがカードを持っているのだから、強行に押せば折れるはず」という類の発言を流せば、だれでも「カチン」来るものです。
 浮き足立っているのは、日本かも知れません。ミエミエの作戦でも言ってしまったばかりに失敗する事だってあるんです。北の庶民には抵抗する体力もないのかも知れません。支配層は援助がなくても飢えないでしょう。
 まともに喧嘩をしたことがない私が言うのもなんですが、駆け引き・喧嘩・戦が下手な日本丸出しの状況です。ラグビーは当然、サッカーでも後ろに玉を回して活路を見出すことも必要です。ただゴールへ向って押してばかりでは埒があきません。
 このままでは、北が崩壊しない限りは、進展はないような気がします。

変わらず

 早いものでもう師走。
 まだ一ヶ月あるとは言え、今年一年私もあまり変わらず、日本の状況も変わらずでした。変わらないのは良い意味でも悪い意味でもありますが、私も日本も変わらないというのは、取り残されている、状況が悪化しているということです。時代や世界が動いているという感覚がなくなる、麻痺している…よく時代感覚がないなどと言われますが、政界、金融界、庶民も「良くはならないが、変わらずならまあいいか」という感覚に陥っているみたいです。
 もしかすると既にゲームオーバーになっており、リセットボタンを押すしかないのかも知れません。
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。