FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページの引越し

 自宅の引越しも厄介で骨の折れるものですが、ホームページの引越しも設定変更やら何やら、素人には大変です。後になると簡単に解ることでも一人では中々解決しないことが多いです。パソコンの改修もしかり。一日中やって解決すればまだしも、かえって事態が悪化してしまうことの方が多く、疲れも数倍になってしまいます。
 何かパソコン相手にこんなことばかりやっている自分に、もっと他にやることあるだろうという気持ちにもなり自暴自棄気味になってしまいます。
スポンサーサイト

即断

夕刊タブロイド紙を読んでいて、う〜ん!そうだなと思ったこと。
 歴史上の人物で成功した人は「おれならこうだ」と即断出来た人が成功しているそうです。ある程度の判断材料であっても、ここぞという時に即断し、いったん「こうだ」と決めたことは絶対に曲げない。正しい答えなんて分るはずもないのだから、即断するとこで気持ちを定め、行動に迷いも付け入るすきも生じさせない。選んだ答えを自力で正解に持っていく。歴史的に見て、運もこういう揺ぎないタイプに見方するそうです。

 生きていると大きいことから些細なことまで次々に選択を迫られます。選んだ道もうまくいかなくなると腰が引けて、更に悪い方向に陥ってしまいがちです。
 曖昧な気持ちなら動かない。動くと決めたら、真っ直ぐに進めなくても迂回してでも目標に到達するよう突き進む。後戻りだけはしない。…と自分に言い聞かせて生きて行こうと思った次第です。

日本は平和か?

 最近初めて読んだ五木寛之氏のエッセイの中で毎年2万人以上の人が自殺する日本の社会が平和と言えるのか、戦争と同じだと書かれていました。多分記述後の2〜3年の間に更に自殺者は増加し無差別・短絡・旧悪な殺人も増えていることを毎日の報道で実感します。米国自爆テロ、炭疽菌テロと騒がれていますが、毎日10人近い人々が自殺・殺人で死んでいくのは、それ以上の悲劇であり、社会戦争の犠牲者とも言えるのではないでしょうか。
 この事態を招ねき、打開策を放置する政府。テロに立ち向かうなどと息巻いている小泉首相はノー天気者か単なる扇動家のいずれかではないかと思えてきます。

炭疽菌と狂牛病

米国で生物テロらしきものが続発しています。
日本では狂牛病で失態に誤報で右往左往で、腹立たしいやら情けないやら…。
こんな行政の下で生物兵器のテロが発生したらどうなってしまうのでしょうか?小泉さんは「テロと戦うのだから犠牲はしょうがない」というのでしょうか…。まだ我々の中には「対岸の」という意識があります。海に囲まれた地図を見慣れて育ったせいでしょうか?距離ではなく、様々な交通手段を使って何時間で行けるかで地図を作り直すと、決して米国は太平洋の向こうの国ではないのです。
数年前の欧州の狂牛病問題でも、この「対岸の」という気持ちから、今日の騒動を招いてしまったのです。アフガン戦争とテロでも同じ鉄を踏むことになりそうな気がしてなりません。

アフガン攻撃開始

 朝ジョグから帰って新聞を開いたら、大見出しが目に入りました。とうとう始まったかという気持ちです。禁断の扉を開けるしか選択肢がなかったのでしょうか。この戦争は世界の頂点を極めた米国が、自らの手でその時代にピリオドを打つことになるとある評論家は言っていました。
 資本主義、民族主義、環境問題、食糧・エネルギー問題とあらゆる面で行き詰まり、壁にぶち当たっている現代社会の体制が崩壊していく始まりになるような気がします。これも歴史の必然性なのでしょうか…、それとも私の思い違いなのでしょうか…。

混沌と

 結局、小泉さんは自分の役割を誤ったのか?

 歴史の変わり目には、時の政権は腐敗し機能せずに崩壊していくのが常ですが、ややスケールが小さいとは言え、現代の自民党もその役目を終わろうとしています。後から歴史として眺めると、変貌する流れには必然性があるのですが、当事者やその時代に生きていると、混沌として行く末が解りません。自民党は老獪に崩れそうになく、取って代わる生きのいい勢力も見当たりません。
 崩壊する旧勢力の中にも、新興勢力の指導者と同等かそれ以上の卓越した人物がいることも多いのですが、朽ちていく屋台を一人二人では支えきれず、危機感のないその他大勢に押しつぶされて歴史の片隅に追いやられてしまいました。
 数ヶ月が経ち、一体小泉さんはどんな役回りをするつもりなのか、解らなくなりました。悪人ではないのでしょうが、実務家とは言えず、単なる妄想家かパフォーマーなのか…。歴史の必然性からは、主役になりたいのなら自民党を一気に崩壊させる役どころを担うしかないのではないでしょうか…。
 それとも首相になってしまったことが、そもそもボタンの掛け違えだったのでしょうか?
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。