スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜?

折角、キュウリなのに桜になろうとしては、元も子もないことになってしまいます。キュウリは実になって初めて有用であり、花の艶やかさで勝負しては駄目。逆もまた然り。自分の才能を見切る能力こそ最大の能力かも知れません。ただ過小評価しては凡人になってしまうし、夢やホラだけでもやっていけません。まあ、天才の影には多くの夢追い人がいるということです。でもただ諦めるより挑戦した人生の方が私には魅力的です。
(冒頭のキュウリの話はあくまで人間を基準にした価値観です)
スポンサーサイト

近所の桜もほぼ満開です。
花が散ると何でもないと言うか、木陰はさほどでもなく、虫も付くしで木となってしまいますが、並木としてはあまりパッとしないのですが、一瞬の輝きだからこその印象深さが人を引き付けてやみません。
人間の生き方にも、桜型、サボテン型、カスミソウ型、ナス型、りんご型と様々あって、どれか一つというより?面白きこと?ですね。

花粉症

私はまだ花粉症は発病していないのですが(両親とも花粉症で遺伝するみたいなのでいずれは…)、最近「にがり」「みょうばん」「亜鉛」が即効性で効果抜群、体質改善で完治もするとの記事が出て反響を呼んでいるみたいです。うちのカミさんはかなりの症状なので、ただ今試しています。本人は「実験台みたいでヤダ!」と言っていますが…。今のところ「にがり」は効果がありませんでした。

宇宙人との遭遇…記憶のもろさ

昨日も超常現象もバラエティー番組があっていました。
今、前巻読んで途中で中断している本に、米国の科学者故カール・セーガン博士の「なぜ人は似非科学に騙されるのか」があります。題名から誠に失礼だがそれ程の期待はなかったのですが、人間の精神・心理・記憶・脳での外界の現象の認識がいかにあやふやで、もろいものであるかが解かり、悪魔、UFO等の超常現象と幼児虐待の記憶との関連性や魔女狩りがなぜ起きたか等が解き明かされています。
 
 つまりは我々が知っている世界は、自らの感覚器官で情報を得、それを脳で解析したものでしかなく、かなりの部分が意識・無意識に関わらず、歪んだ情報であるということです。ただこれはどう出来るものでもないものです。ただ、そういうものだと思って、常に科学的・客観的猜疑心を持たないと危険極まりないということです。
 この自分に対する猜疑心の欠如が、最近の殺人事件、異常犯罪に見られると思います。

キャリアウーマンとマドンナ

ひさびさです。
通勤電車の中でJ○Lの広告の女優、木村○○さんを見つけてふと思ったこと。
彼女は今の大河ドラマで海賊の女性を演じていますが、主人公の憧れの人役です。そう言えば以前の毛利元就の時も水軍の女性が同じような役どころでした。たしかどちらも架空の人物だったと思います。そういうキャスティングがないと場が持たないのかとも思いますが、マドンナをキャリアウーマンの設定にするのも現代的ではありますよね。
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。