スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は石垣、人は城

 …だったでしょうか…武田信玄の言葉です。
どのように盤石な組織でも「人」が支えているという意です。
平氏、鎌倉・室町・徳川いずれの幕府瓦解も、組織や武力で互角以上の旧体制側があえなく敗れ去ってしっています。過去に旧体制が盛り返して再生した例は余り聞きません。新たなものを作るより、再生することの難しさ、それは体制を構成しているのが人であることに起因しています。人はある程度の身の保証と満足度があれば、保守的であり変化を望みません。端から見ていると「あと少し頑張れば、結集すれば」と思えるのですが、ある種滑稽な程、多くの当事者に危機意識がありません。
 生物は細胞も補修しながら保つのでなく、分裂により新たな細胞が出来、交配により新しい生命となり、古い細胞は消滅することで永続しています。このシステムが社会の仕組みというか人間の集団生活等全てに相似しているのかも知れません。原子レベル以下から宇宙まで形が似ているというフラクタルの一つなのでしょう。やや規模は小さいながら、今の日本しかり自民党しかり会社しかりということでしょうか。
スポンサーサイト

駅伝中継

今日、都道府県女子駅伝の放送がありましたが、ゲストが高橋尚子さんでした。最近は顔もふっくらとして危惧していましたが、私にはどうも自分の戦いの場を解説めいたことをする時は現役として危険な時だと思えてなりません。金メダリストに対して素人が失礼で的外れかもしれませんが、気持ち的に闘争心とか貪欲さがなくなった時のように思えます。そういう気持ちがあれば他人の走るのを見るのは辛いように思えるのですが…

謹賀新世紀

いよいよ新世紀です。
一年は一年で特に変わりがない事は解かっていても新鮮になります。こういう間隔は利用しない手はないでしょう。
今年は自分自身にとって「箱根の坂」になるのではないかと思います。(別に箱根を走る意ではありません)
1日1日を大切に。マラソンレースでも休憩は必要ですが、立ち止まっていてはゴールに辿り着けませんから。

白井貴子さんのライブ

思わぬきっかけから、15年ぶりくらいに白井貴子さんのライブに行き、20世紀の最後に至福の時を過ごせました。
「ロックの女王」「総立ちの貴子」と言われていた時代も、そんな字面よりも彼女の優しさ素直さが好きだったのですが、全然変わっていない姿に感銘しました。TVで昔のニューミュージックのスターが出て来て歌うと衰えた歌声に幻滅してしまうことが多いので、多少の不安もあったのですが、そんな失礼な思いが吹っ飛んでしまいました。コメンテーター、リポーターとしては彼女をTVで見かけ歌は?と調べもせずに思っていたのですが、しっかりと続けていたんですね。より大きくなった彼女に出会えて最高でした。ラッキーに声も掛けて貰えたしあんな側で歌が聴けるなんて夢のような一夜でした。
プロフィール

具備丼

Author:具備丼
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。